リトルリーグとは?

リトルリーグとは、「小さなリーグ」の意味で満7歳から12歳までの少年に野球を正しく指導し、個人の体位向上とチームワークを通じて団体生活の一員として共同生活の精神を育成し、判断力を高め、勉学と共に少年同士の交歓の場を与え、友情感覚を指導養成するために組織された国際的なスポーツ団体です。
1939年に米国ペンシルバニア州ウイリアムスポート市に発足誕生し、51カ国が参加加盟しています。日本では、1964年に関東連盟、1966年に関西連盟が発足し、その後東北連盟などが続き、現在多数のリーグが結成されています。
日本のチームが初めて世界選手権大会に出場したのは1964年です。そして1967年に日本はアメリカチームを破り初優勝をしました。翌1968年にも、日本のチームが世界一となり世界の人達を驚かせました。 
 
リトルリーグの入団資格
 
 ●年齢の制限
・メジャー(9―12歳)、マイナー(7-10歳)の部門がありますが、入団する年の4月30日までで満12歳または満7歳の少年少女ならだれでも入団できます。
 ●地域の制限
・特別の理由がないかぎり、自分の住んでいる地域にあるリーグにしか入団することはできません。
せっかく入団テストを受けて入団しても、あとで地域外である とわかると、入団は取り消されてしまいます。
特別の理由というのは、自分の住んでいる地域にリトルリーグがない場合などのことです。
 
 
 
リトルリーグのルール
 
 ●リトルリーグでは、子供たちの体を保護するため、投球数に制限があります。
▼リトル年齢投球制限 11-12歳 1日85球 9-10歳 1日75球 
▼リトル年齢14歳以下の投手。 
・選手が1日に66球以上の投球をした場合、4日間の休息が必要。 
・選手が1日に51~65球の投球をした場合、3日間の休息が必要。 
・選手が1日に36~50球の投球をした場合、2日間の休息が必要。 
・選手が1日に21~35球の投球をした場合、1日間の休息が必要。 
・選手が1日に1~20球の投球をした場合、休息日は必要ない。 
▼注意 試合で41球以上の投球をした投手は、その日は捕手を務めてはならない。
 
 ●離塁の制限
普通の野球の場合、走者が塁から離れるのは自由ですが、リトルリーグには制限があります。つまり投手が投球した球が打者にとどく前や打者が球を打つ前に走 者は塁を離れてはいけないことになっています。これに違反し塁から早く離れて得点しても、その得点はみとめられません。もちろん走者はアウトになりません が、もとの塁にもどらなくてはならないことがあります。 
 
 ●グラウンドの大きさなど
・内野は一辺18・29メートルの正方形とする。
・外野フェンスまでの距離は60・95メートル以上なければならない。 
・バッター・ボックスは縦1・82メートル、横0・91メートルの長方形とする。 
・コーチス・ボックスは1・22メートル×2・44メートルとする。 
・本塁は五角形のゴム板で表示する。一辺が43・2センチの正方形の2つの角を切り取り、一辺を43・2センチ、二辺を21・6センチ、二辺を30・5センチとする。 
・ベースバッグの大きさは35・6センチ平方から38・1センチ平方以内とする。外辺の厚みは5・7センチ以下とし、中に柔らかい材料を詰める。 
・投手板は横45・7センチ、縦10・2センチの矩形の白色ゴム板とする。投手板の前縁から本塁の後部先端までの距離は14・02メートルとする。 
 
 ●使用するボール
・使うボールはプロ野球と同じものです。
・重さは141・7グラムから148・8グラムのものです。
・大きさは周囲が22・9センチから23・5センチ以内のものです。
 
 ●使用するバット
・試合で使用できるバットは、木製でも金属製でも構いません。
長さは83.8センチ以下で直径は5.7センチ以下。
(特に金属バットでは2010年よりバット 本体にBPF1.15が明記されたものでなければなりません。)
 
 ●使用するスパイク
・金属、くさびの付いた靴は使えません。ゴム製くさびの付いた靴は使えます。 
 
 ●ヘルメット
・ヘルメットは両耳つきのものを1チーム最低7個用意しなければならない。
・打者、次打者、全走者及びコーチは、このヘルメットを着用すること。
(成人のベースコーチについては任意)
 
 ●プロテクター
・男子プレーヤーは全員サポーターを着用すること。
・捕手(男子)は金属、ファイバーまたはプラスチック製のカップ型サポーターを着用するものとする。
・捕手は 「襟つきの長い胸当て」「のど当て」「すね当て」「捕手用ヘルメット」を着用すること。
・捕手は練習中、投手のウォームアップ中及び試合中は「マスク」「の ど当て」「捕手用ヘルメット」を着用すること。
 
 ●ユニホーム
・チームのプレーヤー全員は、同じ色、仕立て、スタイルの番号の付いたユニホームを着用する。
公認のリトルリーグ・ワッペンはユニホームの左袖の上部に付けなければならない。 
・監督、コーチは、通常のユニホーム及び金属スパイク靴を着用してはならないが、帽子、スラックス、シャツは着用しても差しつかえない。 
 
 ●ミット、グローブ
・捕手は捕手用ミット(一塁手用ミットまたは野手用グラブとは違う)を使用しなければならない。
手を保護できるものであれば形状、サイズ、重さの制限はない。 
・一塁手は縦(先端から末端まで)が30・5センチ以下、横(親指のまたからグラブの外線まで)が20・3センチ以下のグラブまたはミットが使える。重さの制限はない。 
・一塁手と捕手以外の各野手は縦が30・5センチ以下、横(親指からグラブの外縁まで)が19・4センチ以下のグラブを使用できる。重さに制限はない。 
・投手のグラブは、縫目、紐、網を含めた全体が一色でなければならい。但し白色または灰色であってはならない。 
 
 
 
※とにかく、安全にプレーできるように配慮がされています。